Pocket
LINEで送る

一度の参加で何人もの女性と知り合うことができる街コン。費用も原則そこまで高くないので、婚活を効率的に進めて行くのにコスパが高いように思われるかもしれません。しかし、色々な人と連絡先を交換したり仲良くなったりできる反面、男女双方にとって、ひとりひとりの印象が薄くなってしまうリスクも大きいのが街コンなのです。

私が過去に参加した街コンでは、連絡先を交換し過ぎて誰が誰だかわからなくなってしまい、相手から連絡が来ても「この人誰だっけ?」と警戒してしまったことがあります。今回は、そうならないためのコツを、出会いの場に100以上参加した私の体験談から「あるあるネタ」とともにお伝えします!

スポンサーリンク

街コンで相手の事が印象に残らなかった体験談

大学時代にサークルが同じだった女友達と街コンに参加した時のこと。

友達は非常に可愛いので、男性陣の反応は良いこと間違いなし。友達の力でついでに私の印象も良くなれ~!と願いつつ会場へ向かいました。

場所は確か恵比寿だったかと思います。ほとんどの人が二人一組での参加でした。形式は、男女2対2で10分程会話をして、時間が来たら男性が移動していくというものでした。

女性はテーブル席の上座に座り、次々に現れる男性とひたすら話します。

会場をぐるっと見渡すと、参加者は全部で20人ほどで、同年代からちょっと年上くらいの男性がたくさん!みんな結構イケメン。でも女性陣もかなり可愛い子だらけ。「今日は私に勝ち目は無さそう…」と最初から悟っていました(笑)

人数が多すぎてパニックに

さて、パーティが始まりました。最初のひと組と早速自己紹介を始めます。男性は2人ともイケメンでした。会話のネタはだいたい出会いの場では定番の「住んでいる場所、休日に何をしているか、年齢、何の仕事をしているか、一緒に参加した友人との関係」など。

しかし、何もネタを用意していなかった私は、箸にも棒にも掛からぬつまらない受け答えばかりしてしまいました。これは私の友人や男性も一緒で、無難な会話に終始することに。会話が途切れたらどうしようと心配しましたが、4人いるだけあって、10分ほどの時間はあっという間に過ぎました。びっくりするほど何を話したか覚えていません(笑)

連絡先を交換するものの、誰かわからない

司会者の方が「あと1分でトーク終了ですよ!連絡先の交換は今がチャンスです!」全力で煽ってきます。すると男性陣が、「ありがとう、楽しかったよ。せっかくなのでLINEを交換したいな…」と申し出てくれて、連絡先を交換することに。

「スタンプ送るね~」と2人ともスタンプを送ってくれました。

その後に来た男性2人組とも連絡先を交換しました。しかし、さらにその次の男性たちが来る前にふとスマホを見ると、「taka」「やまだ」「ゆうだい」「りゅうちぇる」など名前の一部のみや、あだなっぽいアカウントが並んでいました…。ここで気づきました。

「やばい、名前なんだっけ…」と。

アイコンから特定しようとするも、風景や食べ物の画像ばかり。トークを見てみても、普通のスタンプしかやりとりがありません。

こっそり名前を聞き合う。素敵な人は誰だった?

友達とこっそり「ねえ、この人誰だっけ?」とやり取りしましたが、やっぱり分からずじまいでした。あたふたしたまま次の男性陣との会話がスタートし、また連絡先を交換することに。

ふと隣を見ると、さっきまで自分たちと話していた1組前の男性たちが、私たちの隣のテーブルに座る女性に連絡先を聞いているのを発見。「もしかしたら、全員が全員、相手のことが分からなくなるんじゃ…」なんて思ったものです。

そんなこんなで、気づいたら「知らない連絡先」がたくさん増えている状態に。

その後も色々な人と話し、無事街コンは終了。素敵な男性ももちろんいましたが、なかにはコミュニケーションの取り方で「こいつはナイ!」と思ってしまった男性もいました。

不毛すぎる二次会とやはり名前がわからない人

お互いの感想を話すという名目で、女友達と2人で駅近のカフェに向かいました!女子だけになると、どちらともなく「ねえ、どうだった!?」と腹黒二次会が始まります。

「メーカーの28歳の人かっこよかったよね」「趣味がワインの星野源似、タイプだった」「最初からいきなり血液型を当てようとしたアイツは気持ち悪かった」など、話した相手の特徴は出てくるのですが、顔と名前が全然出てきません…。

LINEの連絡先一覧を見てみても、よくわからない人ばかり。名前をきちんと覚える努力が足らなかったのもあるけど、印象に残らなかったのです。友達も私も、何人かの男性からLINEが届いていましたが、その相手が「メーカーの28歳の人」なのか「いきなり血液型を当てようとしたアイツ」なのか分からず、困惑することに…。(笑)結局誰にも返信しませんでした。

「名前を覚えてもらえなかった」をふせぐコツ

そんな場を乗り切るためには、奇をてらう必要はありません!

気を付けるポイントは3つだけ。

  1. きちんと正面から撮った写真をアイコンにする
  2. スタンプのみではなく、自分の特徴を簡単に示した内容を相手に送る
  3. 話題にあがった中で、最も盛り上がったネタに触れる

例えば先ほどの例なら、「28歳のメーカー勤務の○○です!△△の話ができて嬉しかったよ。またご飯に行きませんか?」でOK!その場で印象に残らないことが心配だったら、LINEで挽回すればいいのです!

大人数と出会える街コンの特性を生かして、いろんな女子にバッチリ好印象を与えちゃいましょう!その場の対策だけでなく、連絡先を交換することを前提に対策してもらえると、女子もぐっと連絡しやすくなりますよ!

ディスり場はwithを応援しています




女性の心理を理解するのは至難の技ですよね。にっこり笑顔で微笑んでいても、心の中では「この男ないわー」「早く帰りたいんだけど」と、もっとひどい言葉であなたもディスられているのかも…。

なぜそんなデートになってしまうかというと、女性との「共通点が全然ないから」なんです。あなたは一人で燃え上がって、女性を理想の相手だと思い込んでいませんか?そういうのがウザいと女子会で話題になっていますよ。

そこで、メンタリストDaiGoが監修している「with」を使えば、女性との共通点がわかった上で、やり取りができるんです。女性は運命思考の人が多いので、共通点が多ければ多いほど「この人、運命の人かも♡」と思ってもらいやすくなります。今まで、うまくいかなかった恋をかけがえのない愛に変えてみませんか。当サイト「ディスり場」はwithで恋愛を始める男性を応援しています。

【メンタリストDaiGo監修】恋愛婚活マッチングwith
心理学×統計学で運命より確実な出会いを見つけよう!

Pocket
LINEで送る