Pocket
LINEで送る

「今度、ごはんいきませんか」婚活男女の間でその一言が出た瞬間、既にデートは始まっています。お料理や仕事同様、デートも事前準備が肝であり、ここから一連の流れをいかに迅速に・抜け漏れなく進行できるかがデート成功の鍵になっています。もちろん、見ず知らずの男性と2人っきりで会うことに同意しているわけですから、この時点では相手女性の印象も悪いわけではございません。

しかしながら、ここからのあなたの行動次第で相手女性のテンションを大きく下げてしまう、最悪デートが実行されない危険性も出てくるのです。あなたも相手もせっかく時間を割き手間をかけるわけですから、せっかくなら互いに有意義なデートとしたいですよね。少なくとも“嫌われない”デートのお作法~事前準備編~をお伝えします。

 

スポンサーリンク

3ターンで勝負を決めろ!デートのアポ取りは速攻で

何時にどこで集合するか、これを決めないとそもそも出会えないですよね。

結論から入りますが、別に平日の夜だろうと、土日の昼夜だろうといつだっていいんです。大切なのは、きちんと相手とすり合わせができるか、ということ。デートを言い出しておいて、少なくとも承諾しておいて日時も決められないなんて言語道断!スカしてるのが格好いいのは漫画の中の話です。鏡を見て自らのレベルを確認し終えたら、いやらしくない程度に、その女性に会うことに意欲がある、と示してください。

では、具体的な意欲の出し方をお伝えしますね。まずあなたのほうから2週間以内で設定した日時を3つ挙げ、「この中で都合つく時間はありますか」と聞く。相手女性から返信があったら、「じゃあこの日にしましょう!」と決めてしまい、続けざまに「苦手なお料理のジャンルってありますか?」、回答が何であっても、「僕はこのあたりに行ってみたくて、男性同士だと入りにくいお店ばかりなので、お付き合いいただけますか。」と少々低姿勢ながらエリアの指定もしてしまう。

できればここまでを3ターンで押さえてしまいたいところです。あ、耳たこかもしれませんが、返信のペースは相手女性に合わせながらも気持ち早めに行ってくださいね!

信じられない!ブラブラしてラブラブは幻想です

日時が決まったら、肝心のお店選びについてです。

まさかとは思いますが、「どこのお店で何を食べるか、当日にブラブラして決める」なんて言っちゃう人はいないですよね?もしいるのであれば、義務教育からやり直してください。この際だから言っちゃいますけど、街をブラブラしてて楽しい相手ってね、相当好感をもっている相手か恋人かって話ですよ。よく知らんおっさんと、当てもなく、人混みを、徘徊!その時間って、女性にとって拷問です。

そもそも知らない人と一緒だと、歩くのだけでも気をつかうんですよね。歩く速度、人混みでぶつからないか、自然に会話できるか・・・。そんな女性の気遣いも露知らず、よくもまあアホみたいな顔して「ブラブラして決めましょう!」なんて言えたものです。このご時世いくらでも調べ物できるわけですから、さくっとデートによさそうなお店、決めちゃってくださいよ。

予約は想いのバロメータ!?そのデート、損してるかも

デート日時とお店が決まったからといって安心するのはまだ早いです。超重要な予約問題です。予約すると時間に縛られちゃってなんだかなーなんて思われている方、普段のお仕事をどのように切り抜けていらっしゃるのか大変疑問です。

たとえば大事な取引先との会食、お店の目星だけ付けて、事前に確認もせずフラっと向かいますか。良識ある大人のあなたなら、そんなことはしないですよね。また、女性側からしてもお店が決まっていると服装と足下が決めやすいというメリットがあり、何よりあなたがちゃんとデートに取り組もうとしている姿勢がうれしく感じることができます。

逆に予約をしていない状態で当日を迎えてしまうと、私とのデートにそんなに本腰入れていないんだな、と悪い印象をもってしまうことも。嫌われたくないのであれば、予約はきちんと行うほうが無難です。

すべての無駄は省きなさい。待ち合わせにストレスは無用

最後に、待ち合わせ場所についてです。無難に遂行するという前提ですので、ずばりお店での待ち合わせをおすすめします。天候の影響も受けず、予約さえしていればテーブルまで連れてきてもらえる。駅だったら発生不可避である「どこにいますか?!」「○○口の改札前で、赤い服着てます!」なんて下らないやりとり、そこから派生するストレスを省略できるわけです。うーん、メリットしかないように感じますね。

でも、それでも一定数ターミナル駅での待ち合わせを指定する男性っているんですよね。ひょっとして店で待っていてドタキャンされたトラウマでもあるんでしょうか。ただ、今あなたがやりとりしているのは、そのトラウマを作った女性ではなく、新しく関係を築けるかもしれない女性だということ。しっかり前を向いて、間違えても屋外のターミナル駅での待ち合わせなど指定されませんように。

無難に真剣に積極的に、それだけでいいんです!

悲しいかな婚活中のデートではよくも悪くも相手女性はあなたのことを品定めしています。極論ばかりで申し訳ないですが、ウロウロする街歩きもフラッと入るお店でおいしいものを発見する喜びも、グダグタしてリラックスした待ち合わせも、想い合っている男女が行えばなんだって楽しいものです。

そうした無駄な時間を楽しむのは、恋人になってからでいいじゃないですか。まずは無難に真剣に積極的に、事前準備のデートの作法を身につけてくださいね。

 

次は「印象をアップに必須!身だしなみ編」を確認していきましょう。

 

Pocket
LINEで送る