Pocket
LINEで送る

オタクの服装って、面白いまでにチェック柄が定番でダサいですよね。
いまいちなチェック柄のシャツでボタンは全部留めで、ヨレヨレの色も太さも中途半端なジーンズにリュック・・・ダサすぎる!

どうしてシンプルに仕上げて無難な服装にしないのか不思議でなりません。隣を歩きたくないレベルですよ…。

せめて隣を歩ける男性になって欲しいので、どうしてダサいと女性が感じるのかお伝えします!

スポンサーリンク

どうしてオタクはチェック柄を選ぶのか?

母親が買ってきてくれた服をそのまま受け継いでいる

自分の洋服といえば、初めから自分で選んで買いに行ってたなんて男子は少ないはず。
最初は、母親のコーディネートから始まるのがほとんどです。

キャラクターものから卒業したときに、だいたい踏み入れるのがパーカーとチェック柄のネルシャツを多く選ばれます。ここがまず重要な分かれ道になってくるんですよ。おしゃれな男子は、思春期になるにつれてどうやったらモテるのかなどを考えながら服を選び購入する。

ダサいコーデから始まり、周りのアドバイスや目標を決めて経験値を積んで、確実にステップアップしていきます。しかし、オタク男子はモテることよりも自分の趣味を優先するので、経験値が少ないのではと考えられます。持っている服装で済ませようとしたときに、ちょっとおしゃれな気がするチェック柄のシャツを選んでしまいがちです。

おしゃれショップに入れない根性なし

洋服を買いに行くときって、スウェット・ジャージのような服装では行きません。特に気に入ったショップに行くときには、あわせたいコーディネイトでお店に行くもの。買い物に行く前に、既に戦いは始まっているのです。

では、オタクはどこで洋服を買うのでしょうか。多くのオタクはジーンズメイトやユニクロなどで買い物を行います。特にジーンズメイトでは、周りを見ると似たような服装をしている人や、シャツが多く置いてある。そうするとやはり買うものがチェックシャツになってきてしまうのです。

ユニクロを選択しても、思考は変わらず…

では、ユニクロではどうか。ユニクロもおしゃれな洋服がたくさん置いてありますが、自分の持っている洋服を合わせるとなると、難しいのでしょう。いつもの服装に落ち着いてしまいがちになります。

どうしておしゃれなショップで買い物をしないのでしょうか。

オタクの自己肯定感の低さ

オタクは自分の中でパリピやイケメンとは住む世界が違う。自分にはこんなイケメンが着るような服は似合わない、と最初から自分を否定してしまっているのです。

コミュニケーション能力の低さ

だいたいショップでは、洋服を迷っているお客さんには店員が声をかける。これが問題なのです。自分の仲間内や同じ趣味の人とは、いくらでも会話ができますが、ショップ店員のようなタイプと話すのは苦手なので、自然と足が遠のいてしまうのです。

他にも「おしゃれなショップに着ていく洋服がない」「洋服にそこまで金をかけたくない」などの理由から、いつものジーンズメイトなどで洋服を買ってしまうのです。

どうやったらチェック柄もおしゃれに着こなせるの?

チェックシャツ=ダサいというわけではありません。着こなし方がダサくさせているのです。では、どんなところに気を付けるべきなのか見ていきましょう。

服を選ぶときは、サイズ感に気をつけろ!

パジャマじゃないんですからダボダボなサイズはやめましょう。洋服を着るときのサイズ感っておしゃれにとても重要なんです!きれいに着こなしたいならまずは自分のサイズにあった洋服を着てください。

清潔感を大切に!合わせるパンツも考えよう

まずは清潔感を大切にしましょう。間違ってもしわくちゃなままで着たりしてはいけません。

干す時やたたむときには、しわをのばすことを考えてくださいね。もう1つダサくしているポイントは、合わせているパンツです。この微妙な色合いのデニムは、オタクっぽさを助長しているのでやめましょう。黒のパンツやチノパンなどと合わせると統一感がでますよ。
デニムを選ぶとき太さにも気を付けてください。あんまり太めを買うと野暮ったく見えるので、スキニーがオススメです。

靴にも気を付けて!合わせるシューズがとっても重要

このようにありきたりな安売りしているスポーツスニーカーを合わせると一気にダサくなります。おしゃれをするときはまず足元からという言葉があるように靴も大事なポイントになってきます。

チェックシャツ×微妙な色のデニム×白いスニーカーでは色の統一感も出ません。黒のパンツのときには、黒のスニーカー、チノパンの時には、ベージュのブーツなどを合わせると一気におしゃれになりますよ!

チェックシャツは合わせ次第にではおしゃれになる!

まずは服装に興味を持つことから始めましょう!
「聞くのは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉もあります。恥ずかしいとは思いますが、まずは、周りの意見や店員さんの意見を参考にしてみましょう。

最初からおしゃれショップを目指せないのであれば、ユニクロのおしゃれコーデからはじめてもいいです!まずはそこからはじめてみましょう。ぜひ自分の素材を生かしたり、新しい道に踏み出したりみてくださいね!

Pocket
LINEで送る