Pocket
LINEで送る

恋愛はしたくても、結婚せずに独身を選択する人が増えてますよね!女性の結婚適齢期は、ひと昔前だったら20代までにという風潮がありました。平均結婚年齢が女性も30歳を過ぎるようなってきて、社会の酸いも甘いも知って、男性経験も何人もこなしてからの結婚。これでは目も肥えて理想が高くなってくるのも仕方ありません。そんな現代の女性たちが結婚に踏み切るときの気持ちをひもといていきます。

スポンサーリンク

結婚と恋愛は「別」の女性が多い

結婚がゴールという時代は終わりました。女性にとって恋愛は、必ずしも結婚をしたいからではなくなったからです。要するに、付き合っているだけで気持ちは満たされ、結婚して責任を負ったり、子供を育てたりそういうのはあまり興味が無いという女性が増えています。恋愛の延長にあるものが結婚だというのに、実は結婚と恋愛って真逆の心理が働いていたりします。「結婚に求めるものは安心」「恋愛に求めるものは刺激」の場合が多く、安心と刺激は正反対の位置にあったりします。

「付き合う」は、彼のことが大好きで、離れたくない気持ちが大きいです。しかし、「結婚」となれば彼への好きな気持ちより、どれだけ嫌な部分が気にならないかが重要です。こう見ていくと「付き合いたいタイプ」と「結婚したいタイプ」が全く別物であることもわかってきますよね。結婚願望が強くない女性にとっては、自分を満たすための刺激的な日々を過ごす糧になる彼であればそれでいいんです。なんなら、結婚願望は特に無いから、それならお金も気持ちも余裕がある年上の既婚者が好き、という女性だっているほどです。

付き合いたい男性がいない女性が続出!

現代は女性が働くのが普通なので、経済力もそれなりにあります。そして、家事は当たり前にできるし、仕事と両立することはさほど難しくありません。完全に自立した生活を送っている女性にとって、男性に求めるべきもの、という概念が昔に比べて無くなってきています。キャリアウーマンの友人が、「理想は高くなくて、普通に働いて暴力しない人でいいの。それなら別にいなくてもいいかな」と結婚しない理由を話していました。この理由こそがまさに現代の独身を貫く女性の結婚観だなぁと思いました。

自立している女性にとって、彼は重荷でしかないという彼女。昔なら男性が働きに出て、女性は家庭を守る。このような関係が良しとされてきた時代には互いに依存する部分が存在しましたが、今や女性一人でも全てをこなせるので、経済力や包容力を男性に求める必要が無くなってきたのです。では、現代の女性にとってどのような相手だったら、結婚というビジョンは生まれてくるのでしょう。

大事なのはタイミングです!

結婚はどんな時にしたくなるのか、近年聞き覚えのある「震災婚」という言葉があるように一般的に人は寂しい、とか不安を感じる時に結婚を意識する傾向があります。つまり、人はそれぞれの人生で色々な出来事そして転機が訪れますから、そのタイミングによって左右されるということです。

どんな人にも、必ず嬉しいことがあれば悲しいことも訪れます。人生にはそういう波がありますから。もしも今、結婚したい女性がいるのであれば、その女性の負のバイオリズムの時期であるタイミングを決して逃さないことが大切です!そしてもう一つ言うなら、結婚とは安心を求めるものですので、普段から意中の女性のあなたに対する安心バロメーターを上げておくことです。このバロメーターが上がっていなければ、どんなにタイミングが合っていても血迷って結婚してしまう、という可能性はほぼ無いでしょう。

まぁ、血迷って仮に結婚してしまったとしても、三人に一人は離婚すると言われているご時世ですから、その結婚は程なく終わりを迎えるでしょう。離婚するために結婚するわけではありませんから、どうせなら生涯一人の人と向き合って生きていくのが、良い結婚をするということではないでしょうか。

女性の結婚観をくみとって!

もし結婚したい女性がいるのなら、まずはその女性の結婚観を探ることが大切です。結婚・仕事・家庭それぞれにどのような思いがあるのかリサーチして、結婚願望が少しでもあるようだったら、希望はあります。

そしてタイミングを決して逃してはいけません。普段から思いやりと誠意を持った行動を心がけ、安心バロメーターを上げておきひたすらそのタイミングを待つのです!これが現代の女性の結婚観に一番寄り添う形となるでしょう!

Pocket
LINEで送る