Pocket
LINEで送る

婚活サイトに登録して出会いを探しているのにうまくいかないこと、ありますよね。

それって、どうしてだと思いますか?「文章だけじゃ俺の魅力は伝わらないんだよ」「写真写りが悪いから不利なんだよなー」とか思ってるんですかね?

えっ・・・本当にそれだけだと思ってるんですか?

確かに婚活サイトは、プロフィール欄を見ても顔は写真でしか分かりません。顔写真はマッチングしてから見せるという人なら顔がわからないままです。普段の生活も全く見えませんから自分がアピールしたい所をうまく伝えられないこともあるでしょう。

でも、実は女性から見てこの人とは絶対に付き合いたくない!という不快ポイントがあるんですよ。やりとりの中で不快ポイントを見つけてしまったら、女性はその人との交流を続けようとは思わない訳です。自分の気付かないうちに女性を不快にさせていた、なんてことはないようにしたいですよね。

そこで今回は実際に婚活サイトに登録していた経験のある私が、文章でのやりとりからスタートする婚活サイトにおいて女性を不快にさせないためのコツをお伝えします!

スポンサーリンク

1.気をつけて!スルーされる残念な自己アピール欄

プロフィールでいきなり女性を不快にさせるなんてないだろう、と思ってませんか?

残念ながら、そんなことないんです。

問題なのは、「自己アピール欄」です。どんなに高スペックな男性だったとしても、自己アピールが残念な人は完全にスルーです。

スルー対象の残念な自己アピール例

文章がタメ語

頭も悪そうだし、結婚を意識している年齢の人が利用するサイトですよ。第一印象に必要以上のフレンドリーさはいらないです。

例:「飲みに行こ!」「使い方分かんねー」「とりあえず登録してみた~」

理想や相手に求める条件が長い欲張り男

いきなり自己アピールで「この条件がクリア出来ないと自分にはふさわしくない」と上から目線で来られても「せいぜい頑張ってそういう人を探して下さい」としか思えません。自分が条件を全てクリアしていてもスルーですよ。

自分のことを過度に低く評価しすぎている

正直、自分を卑下しすぎるのも扱いが面倒くさいなと思ってしまいます(笑)謙遜するよりも、「自己アピール欄」なので魅力を感じるポイントが知りたいんですよね。

文を読むだけで「焦ってます」と伝わるくらいの強い結婚願望

結婚を視野に入れたお付き合いが出来たらいいなと思っていても、あまりに焦りを前面に出されてしまうと冷静に判断することが出来るのか疑問に感じて一歩引いてしまいます。

自分に当てはまってドキッとする項目はありませんでしたか?自己アピールはプロフィールの中で唯一本人の言葉で書かれる項目ですし、どんな人なのかの片鱗が見える大事な部分なんです!残念な自己アピール文でスルーされないようにご注意を!

2.いつまで隠し通すの?どんな形でも嘘はダメ!

相手が自分の事を知らないのを良い事に自分を良く見せるために嘘をつくのはナシです!
「そんな人いるか」と思います?・・・いるんですよ(笑)私は経験してます。しかも複数人。程度は違えど、プロフィールで自分を良く見せようと事実と異なる事を書く人、いるんですよね、意外と。
これくらいならバレないだろうと思ったんだろうな、というレベルの嘘も、それどうやって隠し通すつもりだったんですか?というレベルのヘビーな嘘も、当然ながらバレた時点で完全に信用を失いますよ。

プロフィールに嘘を書いて、マッチングしてから「実は」とカミングアウトする人もいましたが、自分から話せばセーフだと思ったら大間違いですから(笑)マッチングするまで全く知らない者同士で、信用も信頼も0からスタートの婚活サイトで知り合った相手が嘘をついていたと分かったら、「簡単に嘘がつける人なんだな」と信用出来なくなるのがオチです。良い条件の人を演じるよりも、誠実なやりとりを心がけて下さいね!

3.世界はあなた中心に回ってない!やりとりする時間は配慮して!

めでたくマッチングが成立したらいよいよメッセージのやりとりが始まります。最初は挨拶から始まり、徐々に相手を知るために質問したりしていく訳です。なかなかマッチング出来なかった期間が長ければ長いほど、やっとマッチング出来た事で「とにかく仲良くなりたい!相手の事をもっともっと知りたい!」と思う気持ちも強くなりますよね。

でも、ちょっと落ち着いて!

仕事の勤務体制や就寝時間などによってやりとりが出来る時間は人それぞれ違います。なので、まずはお相手のやりとり可能な時間を確認しましょう。仕事の時間も人それぞれですし、起きる時間、寝る時間ももちろん違いますよね。朝は忙しくて時間がない人もいれば仕事中は携帯を一切見ることが出来ない人もいるわけですよ。

それを「朝起きた時点で返せないの?」「昼の休憩で返すくらいは出来ないの?」と勝手に「自分だったら」で考えて勝手に不機嫌に・・・。これは極端な例ですが、自分のライフスタイル中心で考えてしまう人は意外と多く、夜勤のある仕事をしている私も嫌な思いをしたことがありました。

全ての人があなたと同じライフスタイルな訳はありません。お互い気持ちよくやりとりするためにも、やりとり出来るタイミングはちゃんと確認し、万が一返信がなくても気長に待ちましょう。「無理はしないで返せる時で全然大丈夫!」と言ってあげられるくらいの余裕を持ってくれる人に女性は惹かれるんですよ!

4.お互いを知るにも限度を考えて!質問は段階を踏んで!

やりとりが始まった最初のうちは、お互いを知るために色々質問しあう事になります。プロフィールでは分からない仕事の内容や、勤務体制、趣味や休日の過ごし方など、少しずつお互いを知っていく訳ですね。全く知らない者同士ですから、当然です。

ただし!だからと言って何でも聞いていい訳ではないですよ!これ、婚活サイトならではというか何というか、「結婚を視野に入れているから色々知りたいのは当然」という事を口実に「何を聞いても許される」と勘違いしている人、めちゃくちゃ多いです。

やりとりが始まった途端に、「年収は○○ってなってたけど、月の手取りってどれくらいもらってるの?」「今まで何人くらいと付き合ったの?経験人数は?」と、「いきなりその質問かよ!」と突っ込まずにはいられない質問をしてくる人がいます・・・。ひどい時は2、3回目のやりとりで「SとMならどっち?」と聞いてくる人もいました。仕事の内容よりも得意料理よりもSかMかが知りたかったんでしょうか。

相手の事を知りたいと思うのは当然で、少しずつお互いを理解していくのが婚活サイトでの出会いですが、いきなりディープな事を聞こうとするのはNGです!まずは当たり障りのないやりとりから始めて、「もし良かったら教えて」というスタンスで質問するとスムーズにやりとりが出来ますよ!

5.テクニックも必要!恋愛観の押し付け・抑え込みに注意!

ある程度やりとりも進んで、お付き合いしたいと思う人かどうかの判断に重要な要素が「お互いの恋愛観」です。相手の恋愛観はどんな感じか、ぜひとも知りたいですよね。もちろん、自分の恋愛観を相手が知った時にどう感じるか、ということも気になるところでしょう。

連絡の頻度や会う頻度、友人との時間と恋人との時間どちらを優先するか、異性の友人との関わりなどは人それぞれ考え方が違いますよね。でも、それは仕方ないことなんです。共通の趣味が見つかった、ライフスタイルが合っている、仕事に対する姿勢が共感出来る・・・マッチングした人とこんなに合うなんて運命!と思っていたら、恋愛観が全然違う・・・。よくある事です。

ここで重要なのは躍起になって相手に合わせようとしたり相手に合わせてもらおうとしないことです!恋愛観の話になった時、お互い同じであれば「分かる!私もそう思う!」と問題なく話が進むと思いますが、「そうなんだ、私はこう思ってるよ」と違う恋愛観を提示された時に、「でもその考えはさ・・・」と自分が正しいと言わんばかりの押し付けをするのはやめましょう。逆に、相手から恋愛観を伝えられた時、自分の恋愛観とはかけ離れているのに「俺もそう思うよ!」とその場だけ合わせて自分の恋愛観を抑え込んでしまうのもNGです。

恋愛観は人それぞれで、押し付けるものでも抑え込むものでもありません。恋愛観が違うことが分かった場合は、お互いが歩み寄れる範囲のズレなのかどうかを良く考えて、話し合う必要があります。ここで冷静に考えて「この人と付き合っていくのは難しそうだな」と決断することも一つの選択肢ですよ。

ちゃんとここで話し合いが出来るかどうか、相手の意見を尊重した上で自分の意見もしっかり伝えることが出来るかどうかというのはテクニックも必要です。恋愛観についてあなたから話を切り出すのであれば、それを覚悟してからの方が慌てなくて済みますよ!

まとめ

婚活サイトで女性を不快にさせないポイント

今回は婚活サイトで相手を不快にさせてしまうポイント、そうならないようにするコツをお伝えしましたがいかがでしたか?

  • 自己アピール文は丁寧な文章で、求める条件ばかり並べないように!「早く結婚したい!」を前面に出しすぎないように注意して!
  • 小さいことでも嘘は嘘!信用を失わないように、誠実なやりとりを心がけて!
  • メッセージのやりとりでは相手を思いやる気持ちを忘れずに!やりとり出来る時間を確認し、返信がなくても気長に待つ心の余裕を!
  • いきなり無神経な質問はしないで!お互いを知るのも段階を踏んで常識的なやりとりを!
  • 恋愛観の違いは少なからずあるもの!お互い話し合って歩み寄って!「お付き合いは難しい」と決断する勇気も必要!

例に挙げたのはどれも極端なものですが、全て実際に婚活サイトで私が体験したことです。今回お伝えしたコツを胸に、素敵な人との出会いを逃さないようにして下さいね!

Pocket
LINEで送る