Pocket
LINEで送る

合コンはスタート時点で同性の友人はライバルでもありますよね。そうなるといかに自分をアピールするかがカギになってきます。でも、残念な部分をアピールしている人が多くいます。中でも女性側が最も痛い勘違いアピールと感じているのが「女遊びを武勇伝として語る」ことです。

そういう人に限って聞いてもいないのに、自分からドヤ顔で意気揚々とみっともない話を語り出すんですよね。女遊びしているのがイケてると思い込んでいる残念な考え方も、それを武勇伝として語ってしまう残念な行動も、全てが残念で痛々しい事に気付いて!今回は私が合コンで出会った、合コンで武勇伝を語りたがる男について暴露しちゃいます!

 

スポンサーリンク

相手もヒマだけでしょ。ナンパ成功をドヤ顔で語る男

寒そうな景色

最初の武勇伝は「ナンパで女を引っ掛けた」という話からでした。合コン開始直後は当たり障りない会話から始まったんですよ。一人一人、仕事は何をしているのか、趣味などの定番トークが落ち着いた後、男性陣の一人が「どんな人がタイプ?」というちょっとだけ踏み込んだ質問をした途端、彼にエンジンがかかりました。

男性陣が質問したので、女性陣が一人ずつタイプの男性の話をしていきます。男性陣も一人を除いては普通の人だったので、頷きながらそれを聞いているという合コンらしい展開だったんです、それまでは。

女性陣が一通りタイプの男性について話し終わった瞬間、彼の武勇伝披露が始まりました。要は好みの女をナンパで引っ掛けてやったぜ、という内容だったんですが、タイプも何も100%外見で選んだどこの馬の骨とも分からない女を引っ掛けたという話な時点でズレてるんですよ。真面目に好きなタイプについて話した私達の時間を返してほしいわ!(笑)

他の男性陣は「やっちまったな」って顔してるし、女性陣はドン引きしてるし、思い出してもあの場にいた自分がかわいそうになりますよ。でも、一番かわいそうだったのはそんな奴がいる合コンに誘ってしまったと自責の念にかられる友人と、そんな奴を連れてきてしまった友人の知り合いである男性でしたね。

その後はどうにか男性陣が話を流して誤魔化してくれました。でも、その時は誰も気付いてなかったんですよね、地獄はまだ終わってないということに・・・(笑)

 

お持ち帰り話を話して何になるの?

笑う猫

せっかく一度終わらせた武勇伝でしたが、今度は誰も聞いてないのに自分から語り出す技を繰り広げてきました。「今まで合コンって結構行ったの?」と女性陣に向かって突然聞いてきたと思ったら、「意外と合コンってうまくいくよね」とニヤニヤしながら話し始めたんですよ。誰も何も答えてないのに(笑)

自分で質問して自分で答えるという新しい形を目の当たりにして私達は隠すことなく苦笑いですよね。さらには合コン後に目を付けていた子とホテルに行ったという聞きたくもないお持ち帰り話まで・・・冗談抜きで鳥肌が立ちました(笑)

もう、何て返してこの話題を終わらせれば良いのかも分からないし、女性陣が全員思ったことは「めんどくさい!帰りたい!」でしたよ。男性陣が頑張って話題を変えて事なきを得ましたが、彼が本物のおめでたい男だとわかって、早くこの時間が過ぎるのを待つしかなかったですね。まあ、その後も海でナンパしただの二股がバレて修羅場だっただの、くだらない武勇伝は続きましたけどね(笑)

 

合コンじゃ飽き足らず全世界に発信!SNSでも武勇伝を語る

SNS

武勇伝を語る男と連絡をとる女性陣はいなかったので、お店の連絡のためにLINEを交換していた友人以外は彼とのつながりは全くありません。

すると、その連絡先を知っていた友人から後日身の毛もよだつ報告が…。なんと、彼はナンパした女と連日ホテル三昧だった事をSNSで事細かに語っていたんです!聞きたくもない生々しい内容の話を長々とSNSに書き連ねて、一体何を求めていたんでしょうか。知りたくもないし興味もないのでどうでもいいんですけど、とにかく気持ち悪くてSNSを見ながら全員悲鳴を上げました(笑)

やっぱり、彼にとっては女遊びは武勇伝だったようです。確かにインパクトは十分だし、今でも彼の気持ち悪さは話題に上がるので印象はかなり強く残っています。だけど、こんな形でインパクトを与えていいことないですよね。気持ち悪い男の殿堂入りしただけですから。

 

痛々しい勘違い、女遊びの武勇伝は残念すぎ!

残念な顔

女遊びを恥ずかしげもなく語る人はたまに遭遇します。何もここだけのレア男の話ではないんです!「俺、イケてる」と思ってるからなんでしょうか。しかも、それが合コンの席となるとなおさら救えません。女性側はそんなチャラい男は求めていないということはもちろん、初対面の男に向かって「帰れ」とはさすがに言えませんからね。

いつまでも勘違いしていると、いつか痛い目あうので心当たりがあるならご注意を。

Pocket
LINEで送る