Pocket
LINEで送る

デートのお食事、必ず最後にしなければならないことがります。そう、お店へのお会計、避けては通れませんよね。デートしたことのある人なら一度は経験があると想いますが、ここって男女で深い深い溝があるんですよね。婚活男女が互いに「この人になら全額支払ってもいい!」なんて具合になったらなんら問題はないのですが、まあこんな状況まずあり得ない。どちらかが不機嫌になって終了するくらいならかわいいもんで、悲しいかなシャレにならない金銭トラブルに発展する危険性もあります。

このように永遠にわかり合えないと想われがちですが、デート・合コン等でよく耳にするデート代負担割合の根深き問題について、100人以上とデート経験のある筆者が、ある解決の糸口を発見しました。せっかく記事に目をとめてくださったからにはお話させてください。

スポンサーリンク

あゝ勘違い。女子の笑顔、向けられているのは

男子の皆さまへ、大変心苦しいながらも、お伝えしなければなりません。デート中や合コン中、あなたに向けられているかのような、その女性のとびっきりのスマイル。無意識であっても、女性が笑顔でいることは当然のこと、と考えている人は多いでしょうね。でもね、残念ながらその笑顔、実は別のものに向けられているんです。

「この人は私にご馳走してくれる」という期待。要するに、まあおそらくはおごってくれるだろうし、この場は愛想よくしておこうということです。その期待があるからこそ、あなたのつまらない話に合わせ、適切な相づちをうち、求められているだろう反応をタイミングよく披露する。考えなくとも体が動きます、なぜなら女性は皆仕事人だから。

そうこうして、御会計時に女性陣からお金を徴収しようとしたら、「・・・」みたいな重い空気、流れたことはありませんか。もしくはその場では「りょうかーい☆」と快く応じておきながら、家に帰れば「今日はありがとうございました♪」みたいな社交辞令さえなく、スーッとフェイドアウトされたこと、ありませんか。これね、期待を裏切ったのだから当たり前。「金払わない女は願い下げ!」なんて負け犬の遠吠えはみっともないですよ。

その名はプライド、財布を出さない女性の本音

先程申し上げたように、食事中の女性、無意識ながら仕事してます。その仕事の対価として、お食事代はあなたに支払ってもらいたい。至極シンプル。

自分に置き換えてみたら分かるんじゃないかと思うのですが、つまんない上司との飲みの席、仕方ないから愛想よく、おおげさに反応してみたり、ときおりちょっと媚びてみたり。かわいい部下、ついつい演じちゃいますよね。で、クライマックス、御会計を迎えたとします。上司から、「今日はお互いたのしかったし、ワリカンな!」なんてさわやかに言われたとしたら、その刹那すべての愛想を荒野においてきたような表情しちゃいません?

でもこの現象、上司のことを好きで、一緒に楽しい場をつくっている、という意識があればこうはならないはずです。相手女性もそう、まったく一緒。あなたのことを初対面から好きになっていたとしたら、一緒にいて楽しかったからお財布なんていくらでも出しますよ。好きじゃないから、相手男性が無価値だから、たとえお金があったとしても愛想にただ働きはさせたくない・・・これが高収入であってもなくても関係がない、女性の本音です。

女の子と言えない女性には、お財布を使ってもらおう

うってかわって次はお前らの番だ、婚活女子!と言ったら男性は「そうだそうだ」となりますかね。絶世の美女とはいえず、プライドが高くて、取り分けもしないモノグサのあなたとのお食事って、いったいなんぼの価値がありますかね。と、同じ女性として思うこともあります。いつまで「女の子」や「女子」だと思ってるんだよって言いたい気持ちもわかります。

女の子っていうのは、メニュー決めの段階から男性の要望をくみ取って最終的に女性が決めたように見せかけながらも男性の食べたい物を選ばせてあげる女性がいいですよね。大しておもしろくもない話を「モォー笑いすぎてヨダレでちゃったじゃん!」なんてかわいく大受けする演出をサラッとできる女性がいいですよね。さらに、見た目もつるつるでふわふわのかわい子ちゃんのことを「女の子」「女子」って言いたいですよね、わかります。そんな女の子()にはお財布を使わせてあげましょう!

対価じゃなく、“投資” 二人の未来に対して

それでもやっぱり、そんな対価を支払いたくない!って男性、いますよね。あなたのお気持ちもよく分かります。だったら、「対価を支払った」と思うのではなく、投資だと思ったらいかがですか。

お食事が楽しいのは当たり前ではありません。相手女性の努力あってこそ、二人の相性あってこその楽しい場なんです。そんな楽しい場が今後とも続くよう、二人の未来に対して、投資してみませんか。

・・・ま、投資に“絶対”はないんで、未来が必ずあるとは約束できませんが(笑)

 

Pocket
LINEで送る